幼稚園の日誌

幼稚園の日誌

元気・笑顔で

朝のあいさつは元気よく

   

   園児のみなさんおはようございます。保護者の皆様おはようございます。

門前にて、コロナにもまだ気を抜かず消毒をさせてもらっています。そして、みなさん元気よく挨拶をかわしてくださいます。

おかべ幼稚園の子供たちは、あいさつもよくできています。保護者の皆様の指導がしっかりしているのを感じます。

子どもですから、恥ずかしい、照れちゃう、声が小さい、などありますが

いやいやそれでも、親しい中でも礼儀あり。

あいさつ一つでも、元気な笑顔を見ると、みんなが輝いて見えます。これ不思議

保護者の皆様も気持ちよく挨拶してくださりいつも、ありがとうございます。

私たちも、朝は大切なスタートです。特に意識してあいさつは元気よく・笑顔で頑張ります。

 

外遊び

トラックでも山でも

    

   

    

   

   

 

   いつものように楽しみな自由時間です。

一斉に築山に向かい、段ボール滑り、転げ落ちる子、走り回る子、

一方、トラックでは、フラフープや輪投げを楽しむ子、電車ごっこ・・・

一つの輪でも、先生と一緒に色々な遊びができ楽しみ満載です。

その他、滑り台、ブランコ、ジャングルジムなどの遊具も人気です。

わずかな時間に色々なものに自由に、自発的に遊んいます。

やりたいときは 仲間に「入れて」「いいよ」の合言葉がありみんな仲良しです。

今日はりす・しか・きりん組がみんなで一斉に遊んでいました。とっても大切なことです。大事な遊びです。

みんないつぱいいっぱい遊んでねー。

藍の叩き染め

葉脈がきれい

   

   

   

   

   

   

   

   

        

今日は、4月に種を蒔いた藍がだいぶ生長したので、叩き染めをしました。

深谷市内の学校や園ではもうやっていると思いますが、本園は今日楽しみました。

金槌を使うのは初めてで叩くのは結構危ないです。よそ見しながら手を叩いてしまいそうに、思うところに叩けないとか危ないので先生が付いていたり、一緒に叩いていました。りす・しか・きりん組さんの全員が、渋沢栄一翁で知られている藍です。その藍はどんなものなのかどんなことに使うのか深谷市に育つ子供たちに知ってもらう意味でも行っています。きりん組さんは、年長なので、色々と工夫して手洗いまで自分たちでやってみました。写真の順はバラバラです。

絞り染めの高度な方法はできないので、今年はこれで学びました。

きれいな葉脈が出て藍色ではなく緑色に染まりました。自分で作った作品はいいものです。

 

園庭整備

自分たちの手でも 運動会に

   

  

このバケツは・・・?

今日はきりん組のお兄さんお姉さんたちが、運動会に備えて自分たちの演技・競技する園庭の小石を拾ってたいました。石につまづいたり、転んで当たったりしては危険、まして石があると走りにくい踊り気になるね。自分たちの活動場所を安全にし楽しく活動するために、自ら整備し事故を防ぎたいです。安全指導の心得は、自分たちの命は自分たちで守るのが基本、まずは防御が第一です。

何気ない、日常の中にも危険を考えて、遊ぶだけでなく、注意ができる子にしていきたいです。

みんな頑張っていました。

 

おかべ幼稚園ならでは

やっぱり自由遊びは楽し楽し

   

   

   

   

   

きりん組さんは体力があります。年長さんですね。

担任の先生の外自由遊びの声で 歓声が上がりました。

やっぱりみんな好きなんです外遊び。小学校でも休み時間はみんな楽しみと、言っていました。

おかべ幼稚園には小高い築山あります。これが遊びに一工夫を添えてくれます。園内でドングリの木の実集め、段ボール滑りができ、虫取りができ、スクーター、ブランコ遊びはもちろんできます。まだまだ自然がいっぱい広いわんぱくランドのようです。それは楽しいわけですねー。みんなの動きが軽やかで楽しそうなので、写真を撮らずにはいられませんでした。子供たちの楽しむ姿、笑い、友達同士のやり取りが素敵です。おかべ幼稚園はとってもいいとこ